タグ:立て看板 ( 42 ) タグの人気記事

海が泳ぐ水槽


d0218019_18531386.jpg


この佇まい!
現時点でいちばん好きな立て看板かもしれない。
自分好みの要素がつまりにつまっている。

まずこの立ち姿。休めの姿勢というか、けだるさが好み。
足元から草が生えているのがシシ神様みたいで好み。
ポールが錆びているのが好み。
無駄に頑丈な作りなのが好み。

d0218019_1853237.jpg


ぱっと見てメッセージが理解できないのが好み。
どういう過程でそうなったのかをあれこれ想像させてくれる、
おもしろいレイヤー構造になっている。
ニコニコ動画のコメントみたいにも見える。

箱形なのがよい。なぜかショーケース型。
透明の板に文字が居るのも好み。それがまたかすれているのがよい。
その箱の中に、苔やカビがすんでいるのが好み。
ちょうど海に関する言葉がたくさんなので、水槽みたいでよい。
「海」の字だけじゃなく他の字も泳げばいいのになぁ)Oo。.(‘ω‘ )

曲がった矢印があるのが好み。
黄色に隠された赤い矢印も先っちょだけ見えてる。
キラシールが好み。ビックリマンシールやカードダス世代ゆえ
この先どれだけ視覚エフェクトが進化しようと、この輝きは特別。
エスパーラーメンの瞳とたぶん同じ製品やね。


「好み」とか「よい」ばっかりでアレな感じですが、
良さは伝わったと思います。
テンションあがった。
・゚・(〃´∀`)・.。ふ〜…





[PR]
by namenamae | 2011-10-26 20:19 | 看板

悲痛な悔恨〜あの頃のぼくらは〜

d0218019_1393430.jpg



これは間違いなく“遊ぶべからず”系看板の傑作のひとつ。


少年の涙とグルグルに巻かれた包帯が痛々しい。

思い描くのは「あのころあんなに無邪気に遊んでいたぼくらー
ここがこんなにも危険な場所だなんて、1ミリも知らないバカなぼくら」
「ここで遊んでさえいなければ…ぼくの腕も、そして…あの2人も…うぅ…」
という悲痛な悔恨の風景。



事故の瞬間伏線自体を描いていないのがめずらしい。
それゆえ、ここがどう「あぶない!!」のかわからない恐さがある。

回想の中のみんながそれぞれ違う遊びをしてたりするし、
仲間割れの線すら視野に入れた妄想がふくらむ。


いい看板は伝えるべきメッセージをしっかり伝えておいて、
且つそこに妄想の入る余地を与えてくれるなぁ、いいなぁと思います。



[PR]
by namenamae | 2011-07-22 02:09 | 看板

い=い

d0218019_0352912.jpg


いや〜。この「いこい」の書き方いいですね。

なにかのコードみたいです。

い=い(いイコールい)でも式として正しいし、「いこい」って発音。

[PR]
by namenamae | 2011-06-07 00:32 | 文字

それでも弧をえがく

d0218019_0212757.jpg



算数の図形の問題みたいになってる。

欠けた円がまた新たな半円をえがく。

[PR]
by namenamae | 2011-06-02 00:19 | 看板

配慮(こころづかい)

赤の宮神社は京都市左京区の小さな神社です。
やさしいふりがなの看板で、字もかっこいいです。

d0218019_1737554.jpg


附近に(ちかく)
注意に(きをつけて)とルビがふってあります。

境内にももうひとつ↓
d0218019_1738529.jpg


社殿に(たてもの)のルビ。

音のふりがなではなく、意のふりがなですね。
わからない人に翻訳してくれています。

きけん!はそのままなのか〜。ってのはご愛嬌。

[PR]
by namenamae | 2011-05-07 17:36 | 看板

ルビを振りまわさないでください

d0218019_16315016.jpg


日本語表記には、ただでさえ漢字・ひらがな・カタカナの基本三種もあって、
漢字は二千字の大ボリューム。表意文字と表音文字が平気で同居してるうえに
さらに諸外国の言語、数字、記号が混在していたりして、
よくこんな言語を日常であやつって過ごしてるなぁ、俺ってすごい…とたまに思います。

そして、それらに“ふりがな”をつけられるというトリッキーな
表現の可能性ももっているのがさらにヤバいですね。

幼稚園児が読む本には、カタカナにひらがなのルビが入ってたりしておもしろいです。

短歌など詩的表現にも、意味の重層化のために効果的に使われていたりします。
柳瀬尚紀訳のジョイス『フィネガンズ・ウェイク』がその最高峰でしょうか。

文字だけでなく、電話番号や年号を語呂合わせで覚えるためにも使われますね。


まぁ、いろいろとりとめもなく書きましたが、
上の看板のルビ…ひらがなにひらがなのふりがな。
こんなテキトー看板にも、詩的言語(ギャグ)の可能性(フリ)をみてしまいます。


次回は僕が学生の頃であった、やさしいふりがなの看板を紹介します。




[PR]
by namenamae | 2011-05-03 16:24 | 看板

形而上看板

d0218019_19385953.jpg


“描けてないサッカーボール”ってものがずっと前から好きです。
描こうとしたら、すごく難易度が高いモチーフですからね。
子供の絵などでサッカーボールがちゃんと描けていたりしたら、
逆になにか悲しいものを感じてしまいます。

描けてない…からいい。

d0218019_19391169.jpg


転がるはずのないボールがころころ。
[PR]
by namenamae | 2011-04-27 19:38 | 看板

とびだす個性!

d0218019_16432376.jpg


この子供、個性的すぎる!
急に飛び出してこなくても、二度見してしまって危険なレベル。

画面には出てないけど、追いかけているはずのボールも
サッカーボールとか野球ボールじゃないな、玉乗りの玉やわ、これ。

[PR]

歯がトラ〜イ!

d0218019_2214467.jpg
d0218019_22142611.jpg


ん〜。なかなか何とも言えんキャラです。

ひとつの短パンにふたり入るゲームにも見えるし、
妖怪二口女的ニュアンスも見うけられる。

でも
歯のキャラたちが入り乱れてラグビーする試合は観てみたい!
スローインの時にスクラム同士がぶつかるのとか、おもしろそう。

「走れ走れ!よく噛め!よく噛め!」


参考: 妖怪 二口女 -wikipedia




[PR]

アイドリングだめ

d0218019_0314618.jpg


実写のおねいさん、リポビタンD風。


[PR]
by namenamae | 2011-03-20 22:39 | 看板